投稿者: 磯部作喜子

CENTROを使ってみた感想は?

皆様こんにちは。料理研究家、フード&テーブルコーディネーターの磯部作喜子です。

「どんなキッチンも使ってみなければわからない」とは、よく耳にする言葉ですが、

CRNTROキッチンもその言葉が当てはまります。

見るからにスタイリッシュで美しいCENTROキッチン。

まず目に入るステンレスワークトップは表面に耐久性と清掃性を向上させる撥水性のセラミック系特殊コーティング「美コート」を使用しているだけあり、洗い物が多いキッチンの繰り返しの使用にもびくともしません。

シンクは「流レールシンク」を採用。調理中に出る生ごみなどの処理も簡単で後片付けも視野に入れながら調理をするにはとても効率的だなあと思いました。

熱源はハイブリッドコンロといって、IHとガスの併用タイプ。長時間の煮込みや保温して温めておきたいお料理にはIH、強い火力が必要な炒め物にはガスと使い分けができ、何種類ものお料理を同時に進行して作る私には本当に便利でした。

細かいことですが、調理中に意外と大変なのが、ハンバーグなどお肉を触っていた手で水を出したいときに水栓が汚れてしまうこと。手を洗った後、さらに水栓も洗い磨かなければなりません。

そんな主婦のお悩みに答えてくれる自動水栓。手をかざすだけでお水を出したり止めたりできます。

また、CENTROオリジナルのワークトップと同素材のリンクカウンターは作業台にも食卓にも使えます。

配膳の際にお皿を並べる場所が足りないと、最後の料理の仕上げがスムーズにいかず困ってしまいます。

CENTROキッチンではそんな心配もなく、調理→配膳→食事→後片付けの動線が実にスムーズなのです。

美しいカウンターはランチョンマットやお花などでコーディネートすれば、日々の食事も豊かな気分になることでしょう。

背面にも大きな収納があり、収納側にも作業スペースを確保できるのも嬉しい工夫でした。

後片付けにはビッグな食洗器が大活躍。

使い終わったお皿や調理器具は、「ダブルツールコンテナ」「オールスライド収納」という名前の

引き出しの奥の奥まで使える収納で、きちんと整頓してしまうことができます。

 

料理は創造的な行為だと思いますが、毎日の調理には最低でも、買い物、準備、洗ったり、切ったり、熱したりなどの調理、盛り付け、配膳、後片づけなどのルーティンな作業がたくさんあることに気づきます。

そんな主婦の負担を少しでも減らしてくれ、お料理やおもてなしが楽しくなる工夫がいっぱいなのがCENTROキッチンだと言えるでしょう。

もし今度キッチンを変えることができるなら、迷わずCENTROキッチンを選びたいと思います。

また使ってみたい、料理が楽しくなるキッチンです。

 

 

食や暮しに関する仕事ができる喜び

皆様こんにちは。

セントロアンバサダー、料理研究家&テーブルコーディネーターの磯部作喜子です。

2019年になって一か月が経ちますが、すでに、2つの大きな喜びを感じる講座やイベントを経験することができました。

最初の一つは「手作り味噌&和食レッスン」講座。

1300年の歴史がある日本の伝統調味料である味噌。どの家にもお味噌があると思いますが、最近の食生活の

変化もあって、以前よりお味噌の消費量は減ってきたそうです。

そんな中、昨年末に「手作り味噌」の講座を受講し、レッスンを開催することを決意しました。

今まで、自分で味噌を仕込んだり、自分が味噌作り教室に参加することはあっても、教室で味噌作りレッスン

を開催したことはなく、自分にとっても一つのチャレンジでした。

豆腐マイスターでもあるので、そちらのご縁から、お味噌作りの材料は、福井のマルカワ味噌さんにお願いしました。

大豆、麹、塩というシンプルな材料から作られる味噌。

それだけに、材料は有機にこだわり、売っている味噌とは違った、発酵深い、味わい深い味噌が出来上がることでしょう。

味噌づくり講座にご参加の生徒さんは20代の味噌づくり初心者の方から、毎年仕込みますと言われるベテラン主婦の方まで様々。

でも、皆様同じなのは、「味噌作り、とても楽しかった」「出来上がるのが楽しみ」という喜びの表情や言葉です。自分のためだけではなく、家族や大切な人のために無心になって味噌を作る姿の美しさを初めて知り、私自身も、感動を与えて戴きました。

食は人の基本的な欲求ですが、それだけでなく、人を幸せにしたり。人と人を繋いでくれたりもします。

そんな食を仕事にでき、皆様のお役に立つことができるのは、私にとって至福の喜びです。

 

そして、もう一つは、「花・芸術文化協会の新年会&作品展」

「テーブルコーディネート講座」の生徒さん8名が素晴らしい作品をご出展くださいました。

テーブルコーディネートは単に食器やカトラリーを並べるだけでなく、その人の感性や人生観までもが現れるもの。

それぞれの皆様がとても熱心に学ばれ、「食卓を飾る喜びを知りました」「使っていなかった漆器の良さを再発見しました」「娘のお祝い事を、こんなコーディネートで祝えたら幸せ」などの嬉しいお声を戴きました。

食やテーブルコーディネートについて学ぶことで生活や人生、人の心が豊かになることを改めて感じ、私自身も充実感を味わうことができました。

両親がつけてくれた「作喜子」という名前。若い頃は、あまり好きではない、と思っていましたが、今では、

料理やテーブルコーディネートで人を幸せにし、喜びを作れたら、と願う自分にとって最高の名前だなあ、と両親

に感謝の気持ちでいっっぱいです。

食や暮しに関する仕事はまさに自分の天職だと感じる毎日。

これからも日々精進し、皆様に喜んで戴けたらと願っております。

 

・素敵なプレゼントが当たるキャンペーンはこちら

キャンペーン情報

・CENTROの詳細はこちら
http://cleanup.jp/kitchen/centro/

 

 

私の一日のルーティンは。。

皆様こんにちは。

セントロアンバサダー、料理研究家、フード&テーブルコーディネーターの磯部作喜子です。

皆様の一日のルーティーンはどんな感じでしょうか?

いつも教室に追われている私、朝と夜は、一瞬でもゆったり過ごしたいもの。

そんな時は、お湯を沸かして珈琲や紅茶をいつも淹れて楽しんでいましたが、昨年11月に受講した講座で

紹介されたマシーンにはまって活用させて戴いております。

この講座では有名なパティシエの高木シェフが名古屋にいらっしゃり、ザッハトルテの作り方をご教授くださいました。そこで出してくださったのが、ケーキに合わせた高木シェフ監修のオリジナルブレンド紅茶。

ルピシアとの提携とのことでしたが、カプセルの種類も多く、期待以上の美味しさに感動!教室の生徒さん用にマシーンをお願いさせていただきました。

紅茶用と同時にコーヒー用のマシーンもお願いし、教室の生徒様達にも、いろんなカプセルを選んでいただき、楽しんで戴いております。

教室用に作った紅茶と珈琲のコーナー。

教室が終わってアシスタントさんと、プチ休憩の際にも、一杯。

お味が本格的なだけではなく、マシーンの立ち上がりが早く、それぞれの分を入れるだけなので、普段は遠慮しがちなアシスタントさんも飲んでくれます。

そして、今も原稿を書きながら、カフェラテを愉しんでいます。

一杯のコーヒーや紅茶がもたらす気分転換や癒しの効果って本当にあるんだなあ、と感じる毎日です。

さあ、明日も頑張ろう!と、リフレッシュされ眠りにつく。ささやかな楽しみですが、これが私の毎日の

ルーティ―ンです。

 

・素敵なプレゼントが当たるキャンペーンはこちら

キャンペーン情報

・CENTROの詳細はこちら
http://cleanup.jp/kitchen/centro/

 

 

季節とともに~節句のおもてなし~

皆様こんにちは。セントロアンバサダー、料理研究家&テーブルコーディネーターの磯部作喜子です。

私の主宰する教室「ル・サロン・ブラン」では料理・テーブルコーディネート、パン、ワイン講座と様々な講座がありますが、昨年開催した特別講座の「節句のおもてなし」が大変好評でしたので、今日はそのお話をさせて戴きます。

 

2020年には東京オリンピックも開催され、「お・も・て・な・し」という言葉がキーワードの一つになっていますが、日本人でありながら、知らない日本の風習やいわれがまだまだあることに気づき、若輩者ながら、何か生徒さんにお伝えできれば、と思い、「節句のおもてなし」講座を企画しました。

講座の流れは、節句の云われや風習などについて学んで戴いた後、節句にちなんだお花のアレンジをそれぞれ作っていただき、その後、節句のお料理を楽しんでいただくというスタイルでした。お料理のレシピも差し上げて、ご家庭でもまた節句のおもてなしを楽しんでいただけたらと願っています。

最初の写真は五月に開催の「端午の節句」で、菖蒲のアレンジを楽しんでいただき、篭盛りのお弁当を召しあがっていただきました。

七月は「七夕のおもてなし」。七夕の歴史はとても興味深く、和歌やお習字などの上達を願っていたことなど、目から鱗の内容が満載でした。

九月は「重陽の節句」。菊のアレンジと秋の和食が好評でした。季節とともにお花はもちろん、旬の材料を使ったバラエティ豊かな食事の美味しさを生徒さんとともに楽しませていただきました。

最後は「ひな祭りのおもてなし」。

結婚された生徒さんからいただいた高砂のフラワーアレンジと生徒さんのアレンジがリンクしてとても華やかな

テーブルができあがりました。

「節句のおもてなし」講座を通じて、私自身も学ばせていただいたことが山ほどありました。

これからもレッスンや日々の暮らしに役立てて、心豊かな暮らしを楽しんでいけたらなあと思います。

今日は大晦日。

一年間の全てに感謝して、新年を迎える厳粛な気持ちです。

皆様、今年もありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

一日の始まりと終わりは?

皆様こんにちは。セントロアンバサダー、料理研究家、テーブル&フードコーディネーターの磯部作喜子です。

皆様の一日の始まりは、どんな感じでしょうか?

料理研究家というお仕事柄、一日の1/4はキッチンにいる私。

一日の始まりは、キッチンに降りてきて、お湯を沸かして、コーヒーや紅茶を戴くのがルーティーンです。

実は朝はあまり得意ではない私ですが、朝日の入りこむキッチンで、「今日の予定は何だったかしら?」と考えな

がら、朝ご飯を作り始めます。

子供達はもう成人して主人と二人暮らしなので、朝ご飯は和食が多いです。キッチンに香るお味噌汁の香りで

目覚めた子供の頃を懐かしく思い出します。いつの時代でもお味噌汁の香りは、幸せを運んでくれますね。

 

昼間の教室を終え、翌日の買い出しに行き、晩御飯を作り、後片づけが終わると夜9時くらいに。

普通の主婦なら、その後、リビングでテレビを観たりされるのでしょうが、私の場合は、その後もよく

翌日のレッスンの準備をしたり、デザートを作ったりしています。

当日では間に合わない、お肉の煮込みや、デザート作り、最近では、シュトーレンを焼いたりしています。

「さあ、今日も一日お疲れ様。ありがとう。明日もよろしくね」とキッチンに感謝の言葉をかけ、寝室へ。

一日の中で一番長くいるのがキッチンですが、一日の始まりも終わりもやっぱりキッチン。

これからもそんな毎日はずっと続くことでしょう。

一番心が満たされ、幸せを感じるキッチンでの時間、これからも大切にしたいです。

 

私のお気に入り・JARSの食器

皆様こんにちは。セントロアンバサダー、料理研究家、フード&テーブルコーディネーターの磯部作喜子です。

今日は「お気に入りの食器」のお話をさせて戴きます。

最近、バーミックスやオリーブオイルなど多方面でお世話になっている「チェリーテラス」さん。

そちらでお取り扱いのJARSというブランドの食器です。

目にされたことがある方も多いかもしれません。

「JARSはフランス南西部のリヨン郊外で1857年に創設された伝統のある窯。

「実用的なものを美しく」という創業者ピエール・ジャス氏の理念を受け継ぎ、現在も伝統的製法と

職人の手が、使いやすく、美しい器を生産しています。

特に深みのある独特の色合いは、門外不出の釉薬が生み出すさまざまな料理が映える器として、

幅広くお使いいただけます。」(チェリーテラスカタログより)

そのコンセプトの通り、素朴で優しいフォルムと厚地でぽってりした質感が、本当に使いやすさ抜群で

あらゆるジャンルのお料理やデザートにも合います。

オレンジのビタミンカラーがビビッドな印象のこちらのお皿は、JARSと知らずに7年以上前に購入したもの。今でも愛用しています。テーブルがぱっと明るくなり元気が出ます。

こちらは最近購入した「POEME」というシリーズ。アイボリーの生地にパープルの色が利いています。

中華の担々麺を盛り付けたり、豚の角煮を盛り付けたりとお教室でもプライベートでも大活躍です。

これからも少しずつ揃えたい、永く大切に使っていきたい器です。

 

そんなおすすめの器を今回、セントロのキャンペーンでプレゼント中です!

クリナップショールームにいらしていただいてお写真を撮り、SNSにアップして下さるとその場で

素敵なプレゼントが戴けるコースもあります。

皆様のご応募をお待ちしております。

詳しくはこちらを↓↓

キャンペーン情報

 

キッチンに一日中立つお節作り

皆様こんにちは。セントロアンバサダー、料理研究家、テーブル&フードコーディネーターの磯部作喜子です。

日々料理教室を開催させていだだいており、キッチンは仕事場でもある私ですが、

「最近のキッチンの思い出」は?と聞かれたら、やはりキッチンに一日中立っているお節料理作りでしょうか。

ここ5年ほどは年末の12月30日にお節料理講座を開催させていただいております。

もともと中学生の頃から、母の隣でキッチンに立ち、お節料理を作っており、お節料理作りは

我が家では年末恒例の行事のようなものでした。

お節料理を作らないとお正月が来ない、と言ってもよいほど、ごくごく普通にお節料理を作っています。

ただ、一般的には、お節料理は買うもの、デパートなどにオーダーするもの、となってきています。

そんな時代に反するようですが、やはり一品でも二品でも家族のために作ったお料理で、新年を迎え

られたら良いですね。

30日の教室は一日に2講座(3講座だったこともありますが)。名古屋では家族が帰省されるお宅も多く、お重のサイズは6.5寸くらいの3段重が一般的です。

クリスマスレッスンが終わると、アシスタントさんが2名でこちらに詰めるお料理の仕込みをします。

黒豆を煮るところから始まり、里芋の皮むきや栗きんとん、なます、全部で約30種類のお料理のほとんどが手作り。皮むきで手が真っ黒になったり、と大変なこともありますが、アシスタントさんに支えられながら、毎年キッチンに朝早くから夜遅くまで一日立っています。

最近は、若い方もお節美味しい、お節大好きと言ってもらえるように、弐の重、参の重にはお肉料理や洋風アレンジメニューも取り入れています。一つでは足りないと2つ頼んでくださる方もいらして、嬉しく思います。

いよいよ30日。午前午後と生徒さんをお迎えし、数品のお料理を作り、お重箱に詰めてお持ち帰りいただきます。生徒さんの笑顔、そしてこのお節を囲んで戴くご家族やお友達の笑顔を思い浮かべ、私まで幸せを戴いた気持になります。

「料理で人を笑顔にできるお仕事に就けて本当に良かったなあ」と思えるのもこの瞬間です。

そして31日は家のお掃除をして、実家に帰り、私自身も家族とお節料理を囲みます。

大変ですが、その充実感は何物にも代えがたいものです。

 

今年もクリスマスレッスンが終わるとこの時期がやってきます。

皆様の笑顔を思い浮かべながら、今年もアシスタント共々頑張りたいと思います!

 

 

人と繋がる食事とは?

皆様こんにちは。セントロアンバサダーの磯部作喜子です。

今日は「人と繋がる食事とは?」というやや漠然としたテーマについてお話させてくださいませ。

「ル・サロン・ブラン」では料理講座が人気ですが、最近人気が定着してきているテーブルコーディネート講座では、食事の意義や歴史についても学ぶ時間があります。

テーブルを囲んで食事をすることは、太古の昔から行われてきたことで、人間だけができる行為です。

人と人が出合い、親しくなるころ、お茶やお食事に誘われます。食事を共にすることで、お互いの距離が縮まり、より親近感が沸くものですね。

「饗宴外交」という本をご存知の方もいらっしゃるかもしれません。この本には饗宴が外交に及ぼす影響について書かれていて、過去の饗宴のメニューやワインの記録など、料理研究家の私にはとても興味深く読ませて戴きました。

時にはひとつの料理やデザートが国家関係を変化させたという歴史もあるほどで、国と国との外交においても饗宴、共に食事をすることはとても重要な意味を持つのだそうです。

和気藹々とみえる饗宴ですが、料理やデザート、ワイン、テーブルセッティングにまで主賓の好みを尊重し、ホストがどのように来日した主賓を「おもてなし」しようとしているかの思いの現れであり、その準備には大変なご努力があることでしょう。

大使館にお招き戴く機会もあり、いろいろな国の大使館にもお邪魔させていただきましたが、大使夫人の「おもてなし」は国によってとても独創的で、お料理や設えはそれぞれが深く印象に残っています。

「美味しいところに人は集まる」という言葉もありますが、食にまつわる記憶は深く心に刻まれるものなのだなあ、と改めて思います。

私自身はふだんのレッスンにおいて、日々、生徒の皆様と食を共にさせいただく時間を戴いています。

あたりまえのようにテーブルコーディネートをし、お料理を作って盛り付け、ご試食を楽しんで戴く毎日ですが、生徒様は、初めて目にするコーディネートに目を輝かせてお写真をたくさん撮ってくださり、初めて食するお料理に感嘆の声をあげてくださったり、その反応に私自身も充実感と癒しを感じることができ、なんて幸せな職業なんだろうと日々感謝の毎日です。

食卓を囲みながらの会話は、初めて会った生徒さん同志でも不思議に打ち解けあって、帰るころには「楽しかったです。またお会いしましょうね」と笑顔でいっぱいになられます。

「人と繋がる食事とは?」の答えは日々のレッスンにありました。

「人と繋がる食事とは、一期一会のおもてなし」

招く方も招かれる方も人生においてその時だけの、二度とはない貴重な時間なのです。

それはまさに人間の基本的な欲求であり、それが充足されることで幸福を感じる至福の時間ですね。

皆様にそんな幸福感を感じていただけるよう、これからも精進していかなくては、と感じる私です。

 

子供の頃のキッチンの思い出

皆様こんにちは。セントロアンバサダーの磯部作喜子です。

子供の頃のキッチンの思い出というと、やはり今は亡き母の姿を重ねずにはいられません。

お仕事もしていた母なので、普段のお料理は簡単なメニューが多かったのですが、年末年始には気合を入れてご馳走を作ってくれました。

来客の多い家でしたので、中学生の頃から分担しておせち料理を作り始めたのも、そんな母の影響が大きかったのだと思います。

今では信じられない話ですが、昔の実家にはお餅をつく臼(うす)があって、お正月前の30日頃には、蒸し器で蒸したもち米を臼に移し、父が杵でお餅をつき、母が手返しをして手伝うのが恒例でした。

お正月の鏡餅からお正月に来る親戚が食べる分まで母のお餅仕事は夜更けまで続きました。

 

やがて、時代が変わり、臼は「もちっこ」に代わりましたが、お餅好きな父のために、母が一生懸命お餅を作る年末行事には変わりはありませんでした。

先日もあるテレビ番組で。 もち米の消費量が大きく減り、日持ちする真空パックの切り餅などが代用に食べられていると話題になっていました。一頃流行った「もちっこ」は今の世では「ホームベーカリー」に成り代わっているのだそうで、食生活の変化は致し方ないのかもしれません。

子供の頃のキッチンの思い出はそのまま家族の絆や、父想いだった優しい母の思い出です。両親の愛情をいっぱい受け、幸せな子供時代を過ごせたのだなあと今更ながらに両親に感謝の気持ちです。

自分の子供や生徒さんにそんなキッチンでの思い出を残していけたら良いなあと使命を感じる今日この頃です。

キッチンは今の家族を繋ぐ場所というだけでなく、時空を超えた思い出の場所ともなるものですね。

(画像は実家ではなく、九州の旅先でのスナップを使わせて戴いております。)

最近気になる食材は・・

みなさんこんにちは。セントロアンバサダーの磯部作喜子です。

暑かった夏も過ぎ去り、秋の訪れを感じるこの頃ですね。

教室でのお料理レッスンも「美味しく楽しくくつろげる・秋のお家イタリアン」と題してイタリアンレッスンを好評開催中です。

イタリアンといえば、オリーブオイルが不可欠です。

今までもたくさんのオリーブオイルを使ってきましたが、昨年知った「フレスコバルディ・ラウデミオ」の新顔「ルーチェ」は、全く違うテイストで、かなりの衝撃を受けました。

「フレスコバルディ」といえば、チェリーテラス様が1996年に日本で初めて輸入され発売にこぎつけたオリーブオイル。トスカーナ社の名門フレスコバルディ家が伝統的な生産技術で長年大切に作り続けてきたエキストラヴァージン・オリーブオイルを、なんとか日本でも、とチェリーテラス様の井手櫻子社長様が尽力されたというお話を伺いました。

「ルーチェ」といえば、有名な高級ワインを思い出しますよね。それと同じブランド名をつけることができるだけのオリーブオイルです。同じモンタルチーノの地で育てられたオリーブ4種のブレンドにより、深みのある芳醇な苦みと辛みの絶妙なバランスを味わえるオリーブオイルの最高級品と言っても過言ではないでしょう。

生徒さんと共に味わってみると、味わいはまたラウデミオとも違い、純度の高さは感じますが、まろやかでくせのない味わい。パンにつけたり、料理の仕上げに少量ふりかけたりすれば、いつもの食卓が数倍贅沢で輝きを増すものとなるでしょう。

そして、もうひとつのイタリアンに欠かせない「バルサミコ酢」にも新しい衝撃がありました。

いつも使わせている同じくチェリーテラス様の「バルサモ・ビアンコ」「バルサモ・ディヴィーノ」に新しい姉妹が登場!!その名も「バルサモ・ビアンコ・レゼルヴァ」。8年熟成の琥珀色のバルサミコ酢、バルサモ・ビアンコを、さらに3年熟成させました。木樽の中で年月を経ることで、酸味はやわらぎ、甘味と旨味が増しています。

そのまま試飲させていただき、その美味しさに悶絶でした。料理に混ぜるのももったいないくらいです。こちらも料理の仕上げにかけたり、サラダやハーブの上にかけたりすると、新たな美味しさが加わり、ご家族やお友達にも喜ばれることでしょう。

皆様も機会あれば、試してみてくださいね。