投稿者: しめぎひとみ

暮らしの真ん中にキッチンがある


こんにちは
セントロアンバサダーのしめぎひとみです
先日、クリナップキッチンタウン東京にて「作りおきできるおもてなし料理」講座を開催させていただきました

 

 

定員を越える皆様にお運びいただき
また、セントロにご関心をもっていただけ嬉しく思います

 

 

 

セントロの、モダンでシックなデザイン
出会った一年前から、凜とした佇まいに一目惚れでした
そして、使わせていただき
機能性の素晴らしさに感激しました
機能美とデザイン性を両立しているセントロ

ガスとIHが両立しているコンロ
‥ガスとIHが両方使えるので、お料理やお鍋に合わせて使いわけたりもできますし
もしもの時にと少し安心感があります

 

 

フラットでノックで開く扉
‥フラットであることは、階段などのバリアフリーと一緒だと思います
また、ノックで開く扉は、スムーズな開閉です

 

 

広々したテーブルに作業台
‥これはやはり大切
作業台の広さによって、思う存分料理できます

 

 

一年間に渡り、クリナップセントロな暮らし
ブログを書かせていただきました
書かせていただいているなかで
一番に感じたことは、
私の暮らしの真ん中にはキッチンがあるということ

 

1年間に渡り、著名な先生方とご一緒にお仕事をさせていただけましたこと
また、お声かけいただけましたこと
大変光栄で、身の引き締まる思いでした
皆様ありがとうございました

 

キッチン 冬~春へ手作りのお楽しみ

今晩は

セントロアンバサダーのしめぎひとみです

立春も過ぎ、まだまだ寒い日が続きますが春の訪れを感じる頃となりました

冬の我が家の定番の飲み物といえば花梨柚子茶

12月に毎年仕込みます

 

 

柚子は冬の手仕事に大活躍してくれます

お菓子に紅茶に大活躍の柚子ピール

柚子の皮を甘く煮て乾燥させたもの

甘さとほろ苦さが癖になります

市販品では味わえない美味しさがあります

 

 

柚子ジャム、柚子茶、柚子味噌など…

柚子はすてるとこなく全て使いきります

沢山作った花梨柚子茶はお裾分け用に瓶詰め

こういう時間も楽しいです

 

私のキッチンに季節の手仕事は欠かせません

毎日の食事時間に

それ以外の時間でも

私にとってキッチンはいつも家族の集う場所

セントロキッチンから多くの思い出が生まれてほしいと思います

 

 

そして2月はセントロアンバサダー担当月でございます

現在、コーディネートを展示させていただいております

 

 

キラキラ輝く星空をイメージして

夕食、慌ただしい日常や勉強の事を忘れ

家族や大切な方と一緒に

食事時間を楽しんでいただきたいとしつらえました

 

 

お近くへお運びの際はお立ち寄りいただければ幸いです

我が家の朝のお楽しみ 🐣 ニワトリの卵集め

今晩は

セントロアンバサダーのしめぎひとみです

今日から2019年の仕事はじめ🎶
シンプルな朝ごはんでスタートです🥖

 

 

お正月休みは、仕事をしないと決め
毎年ゆっくり過ごす事にしています
仕事しない時間が長いと
仕事したくて仕方なくなる性分~
オフタイムも、とーても大切です💞

 

 

仕事はじめの今日の朝ごはんは

パンにゆで卵にサラダに紅茶にとシンプル
パン屋さんの焼きたてパンは
やっぱり最高のご馳走です🥖
そして、欠かせないのが

我が家のニワトリちゃんの卵🐣

 

 

ニワトリちゃん達は

寒い季節、卵を産みにくくなりますので

この季節の卵は、我が家にとってとても希少

起床して朝ごはんの準備前になると

私の手編みのナンタケットバスケットを持ち

庭に出てニワトリちゃんの卵集めが私と娘のルーティン

 

 

春夏秋冬問わず、もう何年も

欠かさず続けている朝の卵集め

上のバスケットに入った卵の写真は

春先のニワトリちゃんの卵

気候がよいとニワトリちゃん達は

たっぷりの卵を産んでくれます

この季節は、この1/4程度の量になります

春先が待ち遠しぃ~

 

 

一生懸命産んでくれた卵
今朝も美味しくいただきました💞

朝ごはんには卵が欠かせない私

たっぷり産んでくれた日は私にとって

とてもスペシャルな日になります

スイーツ作りや料理も卵をたっぷり使って作ります

最高の我が家のご馳走になります

 

 

寒い日が続きますが

皆様どうぞお風邪など召されませんようにお気をつけくださいませ

御節料理🎍新春のお慶び申し上げます

謹賀新年

新春のお慶び申し上げます

皆様おすこやかに新春を

お迎えのことと存じます

本年もどうぞよろしく

お願い申し上げます

 

 

2019元旦
皆様いかがお過ごしでしょうか
私の主宰する教室では
毎年年末の28日-大晦日にかけての
恒例の御節lessonが終わりました
お運びくださいました皆様ありがとうございました

 

 

1年先までほぼ予約で
埋まってしまっている人気のlesson
年末にも関わらずお運びください皆様に感謝申し上げると共に
料理家として、新年を迎える際の御節料理の御用命いただけることなにより嬉しい限りです
料理家冥利に尽きます

 

今年の御節lessonは
12月23日から仕込みはじめました
先ずはじめたのは紅白なますの準備
こちらにてご紹介せております→http://centro.mcre.jp/blog/ambassadors/shimegi/shimegi-hitomi/2018/12/23/5816/

その他にも……

⚪丹波の11ミリに拘った黒豆
⚪甘さを控え鯛のすり身をたっぷりつかった伊達巻
⚪栗の煮方にこだわり、さつま芋を徹底的に裏ごしした栗きんとん
⚪たっぷりの胡桃を使った田作り
⚪お酒のお供にしっかりとしたお味にした松前漬け
等々…愛情をかけて仕込み、
lessonでは皆様にお手伝いいただき仕上げた御節料理の数々

 

料理家冥利に尽きるlessonを終え
我が家と親族にも配る御節も詰めました
lessonでお作りしたものの余りを詰めたもの
lessonでお届けした全品は
詰められませんが
8割程度は詰められました

 

 

御節とは…

節日のうち最も重要な正月にいただく料理
日本の食文化の一つとして
受け継がれてきた風習には
その食材のひとつひとつにも新しい年を迎える料理ならではの意味や願いが込められています
そして、日本の風土や四季の手仕事が取り入れられています

こうした節目に、生徒さまとご一緒できますこと

また、御家族さまにお喜びいただけますことが何よりこの仕事をしていてよかったと思う瞬間です

 

日本の良さを染々感じる御正月
そして御正月に華を添える御節料理やお餅
日本人に生まれてよかったな~
と改めて思います

 

 

どうぞ、皆様にとってよい年になりますようにお祈りいたします
2019年もどうぞよろしくお願いいたします

 

御節の準備

こんにちは
セントロアンバサダーのしめぎひとみです
クリスマスが過ぎると一気に年越しモードになりますね

クリスマス頃からはじめた御節の準備
先日からは、栗きんとんの準備に入りました

 

先ずはさつま芋の皮をむき
したゆでして準備します
栗きんとんにするさつま芋の皮は厚めにむくのがポイント

 

 

厚めにむいた皮は、沢山出ます
でも、捨てないで使いきります
先ずは、オイルであげてさっと塩をして
メープルシロップと共にいただきます

 

立派なおやつになりますよ
御節を仕込んだものの特権
美味しくいただきました

 

さあ、下茹でが終わったさつま芋は
水を変えて、くちなしと共に更に煮ます
くちなしは、固く絞ったガーゼに包んで使用します

 

 

綺麗なお色がつき、さつま芋がおめかししたようになります

 

 

熱いうちに潰し、裏ごしします
裏ごしは、手間はかかりますが
やはり舌触りに違いが出ますから根気よく

 

 

最後に、また鍋に戻し甘みを加えて更に練り上げます
水分を程よく飛ばし、最後に栗甘露と合わせて出来上がり
気がつけば夕方

ティータイムで一息ついて
栗きんとんを作る作業は体力勝負です

 

 

 

さあ、今日は田作りの仕込みです
田作りにはたっぷり胡桃を加えるのが好みです

御節の準備とクリスマスが同時にやってくる

今晩はセントロアンバサダーのしめぎひとみです
明日はクリスマスイブ✨
今年のクリスマスツリーは
シンプルなカラーでまとめました

 

 

ツリーには雪の結晶の❄️
オーナメントを沢山飾りつけ🎶
リボンは、ランジスで買い求めたもの
お手頃価格でワイヤー入りで使いやすかったです✨

 

 

クリスマスを待たずに
昨日よりお節の準備に入った私

先ずはお重を並べ、仕切りの組み立てから
クリスマスツリーを眺めながら~
御節のなます用のお大根を10本手切り🔪
不思議な感覚です😂

 

 

私の御節作りは毎年”なます”からスタート
大根と人参は太さを少し変えて千切りにします

 

大根は少し太めに、人参は少し細めに
お野菜によって水分量が違いますから、
お野菜の水分をしっかりしぼり

作るなますのようなお料理は
出来上がった時に太さが揃うように

計算しながら切り揃えます

よく研いだ包丁で手切りが私の拘り

半日かけてなますの仕込みを終えました

 

 

そして”なます”の隠し味には、

完熟したスダチをたっぷりと
完熟したスダチは、生徒様が

ご自宅の家庭菜園という域を越えた

農園!?からお裾分けいただきました
完熟のスダチは、ミカンのように果肉もオレンジ色

柚子よりもまろやかな酸味です

そして、干し杏の甘露煮も同時平行で仕込みます

日持ちのするものは早めに仕込ます

 

 

来週も毎日御節の準備
今晩は自宅横のキッチンスタジオで
黒豆を煮はじめました~
丹波の11ミリの黒豆に毎年こだわって仕込みます

一度に仕込む黒豆の量は4キロ

黒豆用の大鍋が登場します!

母から受け継いだ年期の入ったお鍋
私は重曹は使わないで煮あげます
ふっくら仕上げるコツは
ほたる火でコトコトと

火加減と根気が何より大切

 

今晩は黒豆の下準備
黒豆にお砂糖をまぶして
たっぷりの水を加えて根気よく先ずは5時間煮込みます

煮込んだ後は、一度煮た黒豆を一晩水で戻して

明日は、黒豆を煮汁につけ戻して更に煮ます

黒豆は最低2日~3日かけて丁寧に仕込みます

 

 

今晩は火の番をしながら

明日のクリスマスイブの

テーブルをしつらえます

12月ももう数える程になりました
今年最後の大仕事の御節作り
愛情かけて毎日少しずつ仕込みを楽しみたいと思います

伝統のフランス菓子とChristmas

今晩は
セントロアンバサダーのしめぎひとみです
クリスマスの足音がもうそこまで近づいてまいりました

 


毎年クリスマスの我が家は
定番の英国フルーツケーキで祝います
その他にもクリスマスにあわせ数種のお菓子を作ります
その中からクリスマスlessonのカフェタイムのお菓子を決めます
今年は、カヌレをクリスマスlessonのカフェタイムのお菓子に決めました

 

カヌレはフランスの伝統的なお菓子
正式には、「カヌレ・ド・ボルドー」
私の大好きなお菓子のひとつです

 

 


先月、フランス滞在中に様々な刺激をうけ、
今年のクリスマスにはカヌレ❗
と決めて帰国しました
帰国し直ぐに試作に入りました
お料理とのバランス、そしてテーブルテーマとの相性を考慮しつつ数十回の試作を終え‥
今年のクリスマスカヌレは、ラム酒をたっぷりきかせた小ぶりな大人のカヌレに仕上げました

 

 

 


ラム酒をたっぷりきかせたカヌレには空気をたっぷり含ませて生クリームを添えると更に美味しくいただけます
しっかりしたお味の紅茶と相性抜群です

 

カヌレは、表面はカリッとして、中はしっとりしてずっしり重みのある洋菓子です
ラム酒をきかせたカヌレはさらに重みを感じますから、小ぶりに仕上げました

 

 

毎年クリスマスはウキウキする季節❄️
クリスマスツリーは11月はじめに出し飾り付けを終え
クリスマスカードの郵送も終え
クリスマスのお菓子の準備も整いました
来週はクリスマスです
皆様、素敵なクリスマスをお過ごしください

キッチンと紅茶時間

今晩は
セントロアンバサダーの、しめぎひとみです

 

先日、関東でも雪の便りが届きました

昨年より遅い雪の観測となったようですね
雪がこの季節は先ず、キッチンにたち、お湯をわかすことからはじまります
お気に入りの黒銅製のケトルから湯気をあがる頃に紅茶の準備を整え
先ずは紅茶をいれいただきます

 

 

最近は、ロイヤルミルクティーが朝の定番
お気に入りの、アッサムベースの茶葉に、低温殺菌牛乳を合わせてお気に入りの一杯を楽しみます
紅茶は発酵茶葉、身体を温める効果もあるようで、寒い朝にはピッタリです

 

 

 

そして、スタジオに向かいます

クリスマスシーズンのお部屋はキャンドルが沢山
今年は16本のキャンドルを配置しています
先月、フランスで買い求めた、持ち手の長いマッチが大活躍してくれます

 

lessonが終わりにも紅茶タイム

この時間にいただく紅茶は手軽に楽しるティーパックタイプ

いつでも美味しい紅茶が手軽に楽しめるティーパックは優れものですね

頂き物のお菓子と共にプチご褒美時間

 

 

 

明日の準備を終えスタジオを出るときにはる夕暮れどき
キャンドルの灯りが一層美しく感じる時間です

今年のクリスマスlessonのテーブルはクリスタルの輝きを散りばめたテーブルです

 

 

 

1日もおわりに近づく頃
朝と同様、キッチンに立ちお湯をわかします
1日の終わりも紅茶、1日の終わりはアールグレイをベルガモットの香りに癒されます

 

 

 

日に何度も、紅茶タイムをとる私
時間により、茶葉を変え楽しんでいます
慌ただしくても、手をとめケトルで
お湯を沸かす音を聞きながら、
お気に入りのカップを取り出し、
茶葉の準備をはじめると…
時間がゆっくりと流れるように感じ心がほっと落ちつきます

私にとって大切な紅茶時間

皆様はどんな時間を大切にされてますか

冬の手仕事 我が家に伝わる味噌仕込み

今晩は
セントロアンバサダーのしめぎひとみです
クリスマスモードも高まってまいりました🎄
そして、天気予報みたら…まさかの雪予報( ̄▽ ̄;)
雪❄️が降ったら大変と、予定を変更し庭仕事の夕方
子供の頃は雪❄️が降るだけで
ウキウキモードで嬉しかったのに😺
大人になると楽しんでばかりもいられなぃ

でも、雪ふる頃だから楽しいキッチンの手仕事も沢山あります

 

先日紹介しました金柑のコンポートや
姫りんごのシロップ漬けも冬が近くなると楽しい手仕事です

 

 

 

そして幼い頃から、冬がやってくるのが待ち遠しいのが味噌仕込み

一週間かけ1年分を仕込みます

庭先には大豆の樽が並びます

 

 

この大豆を我が家では100年以上前の大鍋にワラを入れ大豆を煮るという
何世代も受けつがれてきた方法で煮ます

年期の入った大鍋は、こちら‥

大鍋ですので、勿論キッチンのコンロにはかかりません

大鍋用に穴を掘り、大鍋を石や木で固定し、薪をくべて何時間もかけて煮ます

 

 

そしてその他の材料は麦麹と塩というシンプルな作り方
私は麦味噌で育ちましたので、やはり麦味噌好きですが
今は、麦味噌の他にも合わせ味噌も仕込みます

茹で上がりの大豆の美味しさは格別で

子供の頃はおやつ代わりに茹で大豆をよく食べていました
お味噌作りについては、また今度ご紹介したいと思います

 

 

季節の楽しいキッチンの手仕事

冬は寒くなるにつれ、家での時間も長くなります

私は家での時間をキッチンの手仕事時間にあて楽しんでいます

秋に仕込んだキッチンの手仕事の色々が、美味しい頃になりました

次回あたりにご紹介させていただきます

🍎姫りんご🍎 マイブームのフルーツティー

今晩は
セントロアンバサダーのしめぎひとみです

 

真っ赤な実が愛らしい姫りんご
紅葉に負けないくらいの美しい赤色
姫りんごは、秋になると出回りだします
最近はクリスマスの装飾やリースに使われたりポピュラーになりました

 

 

姫りんごは、装飾用と思われている方も多いのではないでしょうか?
姫りんごは、小ぶりでも立派なりんご
食用の姫りんごもあります
お買い求めの際は注意して下さいね
私の好きな食用の姫りんごは”アルプス乙女”
甘酸っぱお味です♪

 

 

今回は姫りんごをシロップ漬けにしました
紅茶に浮かべて楽しみたいなと思い
姫りんごのシロップ漬け初挑戦です
煮すぎるとシワシワでお色もくすんでしまうので
いい頃合いが難しかったですが…
試行錯誤し出来上がりました

 

 

最近、紅茶にフルーツを合わせるのがマイブームです

先日、ご紹介した金柑のコンポートも紅茶に浮かべて楽しんでおります

金柑コンポートレシピはこちら

クリスマスシーズンは、さらにシナモンなどのスパイスをプラスし楽しみたいと思います

 

 

 

姫りんごの、サイズ感だから楽しめるお料理やお菓子

クリスマスシーズンに、今や欠かせないフルーツとなりました

装飾にも勿論ですが、お料理にも取り入れたら楽しいですよね

皆様、素敵なクリスマスをお過ごしください