”キッチンでの思い出”

こんにちは。食空間コーディネーター、CENTROアンバサダーのひがしきよみです。

朝夕涼しく、枯葉が舞いだし、すっかり秋めいて参りましたね。

幼いころのキッチンでの思い出は、数限りなくありますが、

我が家は、父も母も料理好きで、いっしょにすることもあれば、役割分担が

できていて、釣り好きな父は、お魚担当。

キッチンの外にもう一つ、タイルでできた「流し」があり、そこでお魚をさばいていました。

きれい好きな母は、うろこが飛び散るのを嫌い、(床に貼りつくとなかなか取れないんですよね)

お魚専用の流しを作ってもらったようです。

キッチンにある窓から、富士山がまるで額に収まったかのように見える、

それが父や母の自慢でもありましたね。

おもてなし好きの両親、幼稚園の頃、お昼寝から目覚めると、知らないおじさんやおばさんたちが

我が家の食卓でいっしょに食べたり飲んだり・・・そんな光景を度々目にしていましたから、

人見知りもせず、大人といっしょにお食事を楽しむことが

自然にできたように思います。

お手伝いが楽しく、率先してしていましたから、私の料理好きは両親譲りでしょうか。

寒くなってくると、故郷静岡のおみかんを思い出します。

母の大好きなお茶とおみかんは欠かせないもの、特におみかんは風邪予防として、

良く食べていましたね。

沢山頂くと、冷凍したりシロップ煮にしたり。。。

私は、アニス・シナモンそしてジンジャーを加えてコンフィにしています。

たっぷり作り、熱々を瓶に詰めて、冷蔵庫で保存、ヨーグルトやパンやサラダに

大活躍です。

母が作ってくれたシンプルなシロップ煮も懐かしい味ですが、

このコンフィも我が家の味となりつつあります。

CENTROのように、お家の真ん中ではなかった頃のキッチンですが、

父や母といっしょにお料理をした思い出の場所、家族の絆を育む場所でしたね。

皆様のキッチンはいかがですか?

CENTROの詳細はこちらから

http://cleanup.jp/kitchen/centro/

キャンペーンはこちら

http://centro.mcre.jp/campaign/

ひがしのHPはこちら

http://www.infinita.jp

インスタこちら

https://www.instagram.com/kiyomihigashi/