最近のお気に入りの食器:アビランド(Haviland)

フラワー&テーブルコーディネーター、そしてセントロ アンバサダーの鬼頭郁子です。

 

私のお気に入りの食器と言えば、フランスのリモージュ磁器のアビランド(Haviland)です。
お気に入りは、この「Feuilles d’argent」。
私の拙いお料理を乗せても、グッと良く映えるので気に入っています。

 

 

チョコレートを乗せただけでも絵になります。

 

 

アビランドは、1842年、フランスのリモージュに工房が設立された
長い歴史と伝統を誇るフランスのトップブランドです。
アビランドを初めて知ったのは、大学生の時でした。今では、
ご縁があり、アビランドの日本公式販売店をしています。

 

 

大学生の時、1901年にナポレオン三世の皇妃ユジェニーのために
製作された「アンペラトリス ユジェニー」と言う、
薄紫のスミレの花をモチーフにしたシリーズが好きでした。

 

 

これは、フランス政府国賓接待用の公式ディナーセットとして、
エリゼ宮で使用されているシリーズでもあり、私には不相応かとも
思いましたが、大学を卒業した翌年に、お嫁入り道具として
一生大切に使おうと、買い揃えました。

 

その時の食器の裏の印がこちらです。

 

 

そして、長い月日が過ぎ、最近、同じ物を買い足したのですが、
現在の裏の印は、こちらです。

 

表から見ると、全く形もデザインも変わらないのですが、
こうして裏から見ると、長い月日が経った事がわかります。

 

フランスでは、食器は、お祖母様から、お母様へ、
そして代々受け継がれる物。
だから、長く使う事を考えて、伝統的な柄や、歴史的な柄など、
モデルチェンジしないシリーズがたくさんあります。

 

  

 

良いものを大切に使うって大事ですね。
家族の思い出がこもった食器は、一生の宝物です。

 

いまは、使い捨ての物が溢れて、飽きたら新しく買えばいいと言う時代です。
ついつい要らないもの、余分な物を買ってしまいがち。

 

でも、多少、高くても、よく吟味して、悩み抜いて買った物は、
それだけで、自分にとっては、もう私だけの「特別な物」なのです。

 

食器は職人さんが魂を込めて作った良い物を選びたい。
そして、手に入れたら、ずっと、大切に使い続けていきたいなと思っています。

 

 

CENTROの詳細はこちら
http://cleanup.jp/kitchen/centro/

素敵なプレゼントが当たるキャンペーン
http://centro.mcre.jp/campaign/

鬼頭郁子HP
http://musee.co.jp

 

#クリナップセントロな暮らし
#最近気になる食器
#アビランド
#フランスリモージュ
#皇妃ユジェニー